080001-op-1

工具を使わずに着脱可能なInnerExileのiPhone 5用アルミニウム製バンパー「Odyssey 5」


InnerExileの「Odyssey 5」は、工具を使わずに着脱可能なiPhone 5用アルミニウム製バンパーだ。

高級感のあるハイセンスなパッケージに、アルミバンパーと背面保護プレートが同梱されている。デザインは、人間工学に基づいて設計されていると言う事で、手に持った感じもしっくり来る。iPhone 5本来の大きさに対して幅や厚みで一回り大きくなり、重さも重くなるが、扱いづらさというのは感じなかった。今回は、2ヶ月以上に渡って長期間のフィールドテストを行った上でのレビューをお届けする。

アルミバンパー、金属製バンパー、フレーム型ケースに多く見られるネジ式でなく、ワンタッチで簡単に着脱できる機構が採用されている。イージーな着脱ができるが、装着感はしっかりしており、所持した状態から落下させてしまっても、不意に外れるような事は起こらなかった。 また、落としてしまったり強い衝撃が加わった際は、バンパー自体に傷がついたりはするが、iPhoneそのものに傷がついたり破損すると言った事は発生しなかった。
 
また、バンパーを装着した状態で、全てのボタン、スイッチの操作が可能で、ヘッドホンやApple純正のLightningケーブルなども接続し、充電やシンクロが行える。Lightning-30Pin アダプタ、Lightning – Micro USBアダプタ、その他サードパーティ製ケーブルの一部は、使用できないので注意が必要。

使用上の課題点としては、背面パネルの組み付けが難しいと言う事と、表面(液晶面)のバンパーフレームとiPhoneのパネル面との段差が生じてしまい違和感があるという2点が挙げられる。背面パネルは隙間無く組み付けるためにややタイトな作りになっており、正しい位置にはめ込むのにコツが必要。一度正しく組み付ければ次回以降は容易に組み付けることができるが、普通は何回も組み付けないのでもう少し丁寧なガイドが欲しいところだ。また、フレームと液晶面との段差に関しては、例えば「CRYSTAL ARMOR™ for iPhone 5」のような強化ガラスタイプの液晶保護フィルムを併用するとフレームと面一(フレームの縁と液晶面の位置がフラット)になる。
 
価格は8,980円(税込)とケースとしてはやや高価な部類だが、アルミバンパーとしては妥当な価格帯。ネジが不要なデザイン性の高いアルミバンパーとするとリーズナブルかもしれない。また、オプションとして木製の「オプションバックカバー」、ICカード(電子マネー)に対応した木製の「ICカード対応オプションバックカバー」なども用意されており、気分に応じて雰囲気を変えたり、より便利な機能を追加する事もできるなど拡張性が高いのも評価できるポイントだ。

 

MJSOFT Online Shopで購入