リミテッドエディション クワイアットコンフォート15
cheero-SG_00

cheeroのBluetoothスピーカ「cheero SOUND GARDEN」


cheeroのBluetoothスピーカ「cheero SOUND GARDEN」はBluetooth接続とライン入力の2系統を持つコンパクトで迫力のあるサウンドが楽しめるモバイルスピーカだ。

 

 

Bluetoothスピーカ、それも可搬型の小型スピーカは、PC、スマートフォン用のスピーカにおいて、最もホットな市場になっている。その中でも「cheero SOUND GARDEN」は、価格と品質(音質)のバランスがとれ、コストパフォーマンスが良い製品と言える。高価格帯の製品のような至極の音質、とまではいかないが、筐体のサイズからは思いもよらない迫力のサウンドが楽しめる。また、音源にもよるが、ボリュームを最大化しても音割れなどもなく屋外で楽しむにも充分な音量が出るのもポイントだ。

 

 

 

 

左右には、充電用のmicro USBポートとステレオミニジャック、電源ボタン、ソース切り替えボタン、バッテリーチェックボタンそして、Bluetoothのステータスランプ等が備わっている。また、本体上部には、着信/終話(再生/停止)ボタン、早送り、巻き戻しボタン、ボリューム(+ー)ボタンがあり、着信/終話(再生/停止)ボタンを長押しする事で、Bluetoothのペアリングを行う事ができる。(PINコード/パスコード:0000)ソース切り替えボタンが付いているのはなかなか珍しいかったりと、製品そのものにまだ煮詰める余地は残されているように感じるが、操作自体は簡単で、音質も悪くないという事で、初めて購入するBluetoothスピーカとしては最適だろう。

 

 

シンプルで飽きの来ないデザイン。ボディがラバーで覆われており、ボディそのものがインシュレーターの役割を果たして音が割れたりビビる(ビリビリと机などが振動する)事も防いでいる。1200mAhのリチウムポリマーバッテリーを内蔵し、バッテリーでの駆動は、50%の音量で約6時間。最大で12時間の再生が可能と充分。充電は約3〜4時間で完了する。

 

 

メーカーが公開する動画もあり、使用感がわかりやすく描かれている。通話の品質も悪くはないが、双方がBluetoothスピーカ、ヘッドセットなどを使用していた場合、組み合わせなどによっては品質が落ちる(ように感じる)場合がある。その場合にはどちらかを有線接続するか直接通話などにする必要があるが、多くの場合充分な品質での通話が可能だ。

 

実売で5,000円を切る価格で、同価格帯の製品の中では非常に音質、デザインなどのクオリティが抜き出ている。これで満足できない場合にはより高価格帯のモバイルスピーカを検討する必要が生じる。比較的安価で音質も良いので、入門用やサブ機としては満足できるだろう。

 

Amazonで購入