メーカーの、ダンボーへの愛があふれるモバイルバッテリー「cheero Power Plus DANBOARD version -mini-」


cheero の「cheero Power Plus DANBOARD version -mini-」は、6,000mAhと十分な容量を持ち、2.1Aと1A出力の2ポートを備えた、実用性を兼ね備えつつも可愛らしく常に持ち歩きたいデザインのモバイルバッテリーだ。

先に発売されていた10,400mAhのモデルは過去のモバイルバッテリーの形状でダンボーのデザインを付加したものだったが、今回のミニバージョンは新規に設計されたもので、よりダンボーらしい仕上がりになっている。 側面には、USB端子が設けられており、片側には、1Aと2.1Aの出力ポートがそれぞれ1つづつ、もう片方には、micoro USBの充電(蓄電)用ポートが用意されている。充電中には、ダンボーの目の色が光って充電中を知らせてくれる。ダンボーの口の部分がスイッチになっており、給電開始したり、バッテリー残量チェックを行うことができる。バッテリー残量はダンボーの目の色で満充電か残量が残り少ないかを三段階で確認する事が可能だ。

 あたかも配送用のダンボールのような形状になっており、「リボルテック ダンボー」の頭部に置く事で、あたかもこのバッテリーがダンボーの頭部になったかのような設置の仕方ができる。もちろん、ボールジョイントはないのでフィギュアのようには取り扱えないが、そんな遊び心が込められているのも嬉しい。 バッテリー性能的には、cheeroの他のモバイルバッテリーと同等なので、このレビューで詳細に解説する必要は無いが、6,000mAhの容量はiPhoneを2回以上充電できる容量で、繰り返し500回充電と蓄電を繰り返すことができるのは、この価格帯のバッテリーとしては十分にコストパフォーマンスが良い。 商品がおさめられていたボックスもダンボーデザインになっており、すべてがダンボーのコンセプトで統一されているのも好感が持てる。こういったキャラクター商品は、キャラクターに理解のないメーカーが版権商品的に取り扱うと、熱心なファンとしては残念な仕上がりになっているケースが多いのだが、こちらに関しては本当にダンボーが好きな人が企画したのだなーという気持ちが伝わってくるような細部までこだわった仕上がりになっている。ちょっとしたところまで工夫されているので、その工夫を実際の商品で探し当てるのもまた楽しいだろう。 バッテリー本体に加えて充電用micro USB-USBケーブル、ダンボーをイメージした麻の収納ポーチが付属しており、買ってきたらそのまま使い始めることができる。iPhoneの充電には、iPhone付属のLightningケーブルもしくはMFi認可ケーブルを使用する事になる。そして、価格も3,000円台前半とキャラクター商品としては珍しく安価に抑えられており、6,000mAh級のモバイルバッテリーとしてみてもリーズナブルな価格設定となっているのも嬉しい。 自分用としてだけでなく、プレゼント用としても「送られた相手が喜んでくれるプレゼント」として、適しているだろう。