アピロスの強化ガラス製液晶保護フィルム「クリスタルアーマー」シリーズ


アピロスの「クリスタルアーマー」シリーズは、ラウンドエッジ加工され、9Hの表面硬度を持つ強化ガラス製液晶保護フィルム

ラウンドエッジ加工されている事で、厚みのあるガラスフィルムでも、iPhoneの操作時に違和感が少なく、さらに0.20mmのタイプを使用する事で、素のままのiPhoneを使用しているかのような感覚を味わえる。

iPod Styleでは、iPhone 4、4sのあたりからフィルムのレビューを行わなくなった。それは、フィルムを使用しなくとも十分な強度があるガラス(ゴリラガラス)が採用された事、フィルムを使用する事で、表面にスリ傷がすぐに付き、使用感を損ねる事などが発生したからだが、ガラスフィルムの登場によって再びレビューの価値があると判断し、再開した。とはいえ、初期のガラスフィルムは厚い、操作感が悪い、視認性が悪化するなどレビューを行ってみたが公開するまでに達しないレベルだったために紹介するに至らなかったが、ここでようやく紹介できるレベルのガラスフィルムが登場した。

黒のiPhoneに貼ってあるのが0.33mm、白いiPhoneに貼ってあるのが0.2mmのもの。メインの画面を触っている限りではその厚さの差を感じる事はほぼ無い(意識して触ってようやくわかるかなという感じ)だが、ホームボタンやエッジ付近を触った際にはその差は歴然とする。わずかでも違和感を感じたくないという人は0.2mmを選ぶと良いだろう。

フィルムを貼る際は、付属のクリーニングクロスでキレイに拭く。同社のフッ素コーティングをあらかじめ行っておいても良いだろう。ホコリの付着が少なくなるのでより良い結果が得られると思う。フィルムを装着する際には、それぞれで若干の注意が必要だ。0.33mmのフィルムは、フィルム自体がしなったりしないので、位置をあわせてエイヤで貼る事になる。失敗してもやり直せることはやり直せるが、リトライをするたびにホコリが入ってしまうリスクが増えるので、なるべく一回で成功させたい。

0.2mmのフィルムは若干しなるので位置合わせなどもやりやすく、プラスチックフィルムのような微調整しながら貼るということが可能だ。しかし、柔軟性があるとはいえ、ガラスフィルムなのを忘れると、許容値を超えた力が加わった時に一気に割れてしまう。あくまでもガラスだと言う事を忘れないようにしたい。とはいえ、さすが0.2mmといえる使いやすさで、着けているのを忘れてしまうほど違和感が無い。フッ素コーティングを行う事で、滑らかさも増し、表面の擦り傷や指紋などの汚れも付きにくくなる。

上記の写真は、アスファルト舗装の上に画面を下にして落下させてしまった時の傷(0.2mm)。新しい舗装で、凹凸が多く、フィルムは鋭角な部分がヒットしたところが欠けたりそこを中心にして割れてしまったが、iPhone本体のガラスは無事だった。このガラスフィルムが無ければ即死だったと思うと、非常にありがたい。貼る際に失敗した時、今回の落下時でもわかるように、飛散防止の効果がしっかりと出ている事がわかる。

貼ったフィルム自体も、破損しにくいものが良い場合には、0.33mmを、液晶保護と使いやすさの両立を求める場合には、0.2mmを使用するのが良いだろう。そして、どうしてもフィルムは馴染めない、iPhoneを素の状態で使いたいという人は、同社のフッ素コーティング剤をすることで、新品同様の使用感を維持することができると思う。