CP+レポート:マンフロットブース「KLYP+」他


マンフロットブースでは、iPhone用の新しい撮影アクセサリーケースシステム「KLYP+」などが展示されていた。

KLYPでは、三脚マウント用のアダプタ、LEDライトがセットになりiPhoneでの撮影表現が大幅にアップしたが、今回発表されたKLYP+によって、より表現の幅が拡大した。LEDライトや三脚アダプタなどを取り付けるためのリム(フレーム)としての機能を持つバンパータイプのケースは、背面部分がくりぬかれてiPhoneのデザインが見えるようになっている。

レンズ部は、オプションの交換レンズ (フィッシュアイ、風景写真用、ポートレイト用)が取り付けられるネジ穴が切ってあり、光軸がズレない工夫が施されている。クリップオン式のコンバージョンレンズは手軽だが、正しい位置にレンズを装着できないという課題があったが、ネジ式によりその点がクリアになったと言える。

リムにはめて使用する簡易スタンドも付属。これを使用する事で、テーブルの上に置いて撮影したり、動画を見るなどの際のスタンドとして使用する事も可能。スタンドには三脚穴もあるので、本格的な三脚を使用したい場合にはこちらを利用する。

同じタイミングでリリースされたLEDライトは、以前の多灯タイプではなく、高輝度大型LEDが3連備わったタイプになっている。輝度調光が3段階で行え、人物撮影の際にアイキャッチを入れたり、逆光でも顔が暗くならないなど、iPhoneでの撮影をサポートしてくれる。

ステージでは、iPhone写真家の三井公一氏による活用セミナーなども開催され、多くの人でにぎわっていた。