エクスパンシス

CP+レポート:富士フィルム「FUJIFILM X-T1」


富士フィルムブースでは、同社初となるAPS-Cサイズセンサー搭載ミラーレス一眼カメラ「FUJIFILM X-T1」が展示され、人気を集めていた。

ボディ上面のダイヤルで、露出やシャッタースピード、ISO感度などの設定をマニュアルにて行える他、レンズもズーム、フォーカス、絞りリングがあり、全ての操作をフルマニュアルで行える。もちろん、オートでの撮影も可能で、撮影モードも充実している。ユニークなのは、フィルムメーカーらしくフィルムシミュレーションモードにて、同社のプロ用フィルムで撮影したかのような撮影効果が得られるモードも用意されている点だろう。

その他、iPhoneやiPadなどによるWi-Fi接続が可能で、接続した状態での画像転送の他、タッチフォーカスやシャッター、レリーズなどほとんどの操作がスマートフォン、タブレット上から行える機能も内包。見た目のクラシカルさからは想像できないほどのハイテク機能が備わっている。