K480BK_angle

ロジクール、3つのデバイスを簡単に切り替え操作、スタンド機能付き 「ロジクール Bluetooth® マルチデバイス キーボード K480」を発表


ロジクール、パソコン・スマートフォン・タブレットなど3つのデバイスを簡単に切り替え操作、スタンド機能付き 「ロジクール Bluetooth® マルチデバイス キーボード K480」を9月12日(金)に発売開始

 

PCデバイス市場における世界のリーディングカンパニーLogitech Internationalの日本法人、株式会社ロジクール(本社:東京都港区、代表取締役社長:竹田 芳浩)は、キーボード一台でパソコン・スマートフォン・タブレットを使い分けて使用できるスタンド機能付キーボード「ロジクール Bluetooth® マルチデバイス キーボード K480」(型番K480、以下K480)を、9月12日(金)にロジクール オンラインストアおよびロジクール製品取扱店で発売いたします。価格はオープンプライスで、ロジクール オンラインストア価格は3,980円(税抜)です。

 

K480は、パソコン・タブレット・スマートフォンなど最大3つのデバイスをBluetoothで接続し、ダイヤルを回すだけで簡単にデバイスが切り替わり、それぞれのデバイスでキーボード入力が可能になる“マルチデバイス”時代ならではの新型キーボードです。K480をタブレットやスマートフォンなどのデバイスに使用する際は、横置きか縦置きかを問わず、キーボードに設置されているスタンドに立てかけることができます。さらにWindows・Mac・iOS・Androidなど、OSの種類を問わずにタイピングを楽しむことができ、各OSのショートカットキーに対応しております。

 

■K480の主な特徴

 

<タイピング>

Windowsパソコン・Macのショートカットキーを搭載した、なじみのあるキーボードレイアウト。

 

<Bluetoothデバイス切り替えダイヤル>

ダイヤルを回すだけで、最大3つまでお使いのデバイスにワイヤレスで接続。

 

<マルチOS対応>

Windows・Mac・iOS・Androidなどの各OSに対応。1つのキーボードから自由自在に3つのデバイスを操作。

 

<スタンド機能>

パソコン・タブレット・スマートフォンのデバイスをタイピングしやすく、また読みやすい位置にしっかりと固定。

 

昨今は多くの方がパソコンだけではなく、数種類のデバイスも活用しています。またWindows・Mac・iOS・Androidなどを使い分けて使用する方も増え続けています。スタイリッシュなデザインかつ、お手頃な価格で複数のデバイスを一つのキーボードで操作することができるこのK480は、そんな多くのマルチデバイスユーザーにご満足いただける新しいパソコン用キーボードです。

 

エクスパンシス