ダイソン、「Dyson Supersonicヘアドライヤー」発表


ダイソンは、初の美容家電「Dyson Supersonicヘアードライヤー」を発表、4月28日からダイソン旗艦店「Dyson 表参道」で販売開始します。全国の量販店などでは5月11日より200店舗で発売開始。価格は4万5000円(税別)。

発表会には、チーフエンジニアのジェームズ・ダイソンも登場し、みずから製品紹介を行いました。
DSC_4445
小型ながらパワフルな「ダイソン デジタルモーター V9」を採用。毎分最大110,000回もの高速回転で吸い込む空気を3倍にする「Air Multiplier」テクノロジーによって、毎秒13リットルもの空気を生成、送風するとしています。これにより、一般的なヘアドライヤーよりも早く髪を乾かす事が出来ます。

jstankard

回転軸に取り付けられた羽根(インペラー)は500円玉サイズで、「一般的なドライヤーのモーターと比べると8倍の高速回転だが、モーターの重量は約半分。このような高速モーターを作っているのはダイソンだけ」と自信をのぞかせます。

DSC_4320

温風の元となる空気はハンドル下部から吸い込みます。この部分には細かいメッシュフィルターが内蔵されており、髪の毛など空気中のゴミを取り除いてくれます。

DSC_4326

その他、内蔵された温度センサーが毎秒20回も温度を計測し、温度を制御します。これにより温風は78度以上にはならないようになっています。ヘアドライヤーの機能として、ある程度の温度は必要という事ですが、過度の熱は髪を痛めてしまいます。痛みの少ない健康な髪は光を良く反射し、輝いて見えますが、痛んでしまうと光が散乱してつやがなくなってしまうという事です。

DSC_4321

また、その独特な形状にも触れ、ハンドル内にモーターを内蔵した事により、バランスのよい重量配分を実現しました。他のヘアドライヤーは、ヘッド部にモーターが内蔵されているのでトップヘビーになり、バランスが悪く、それ故に長時間の使用では疲れてしまったり、最適な角度を維持する事が難しいという事です。

DSC_4349

もう一つ重要なポイントとして挙げたのは、ドライヤーの駆動音を抑えた点で、「静かなヘアドライヤーの良いところは、ヘアサロンでお客と普通に会話できること。家庭でも奥さんが髪を乾かしながら子供や夫と話せる」と静かであることのメリットを紹介しました。

DSC_4378

デモンストレーションでは、ヘアーメイクアップ・アーティストの加茂克也氏が登壇。「これは、一般的なドライヤーと同等の1200Wでありながら、私が使っている3600Wのプロ用ドライヤーよりも風量があり、素早く髪を乾かせるうえ、髪の根元のクセを取るにもいい」など、性能面を評価。

マイナスイオン機能に関しては、「マイナスイオンは髪を保湿すると信じている方も多いと思うが、実際の効果は静電気を抑え、髪のまとまりをよくすること。必要な水分を保持するには、熱によるダメージや乾かし過ぎを防ぐ事」と説明。髪を痛める事なく、素早く乾かす事の重要性を述べました。

DSC_4392

モデルの女性は、「従来のドライヤーは熱くて、髪のダメージが心配だったが、ダイソンのヘアドライヤーは熱さを感じない。普通のドライヤーでは髪を乾かすのに15分程度かかっていたが、ダイソンなら10分弱。朝の数分間は大きい」と評価しました。

DSC_4477

付属のノズルは3種類。「スムージングノズル」は、広がった、滑らかな風を生成、手ぐしで髪を乾かす際に使用します。「スタイリングコンセントレーター」は、ブラシでブローする際、ブローしたい箇所に風を集めます。「ディフューザー」は、カールしたりパーマをかけた髪用で、風を均一に分散させ、ふんわりとブローします。これらのノズルは、マグネットによって本体に装着し、使用中も簡単に向きを変えられます。2重構造になっていて触っても熱くないという事です。

DSC_4456

発表会後、場所を移した特設ブースでは、ヘアメイクアップ・アーティストの方々がモデルの髪をブローするデモがありました。

DSC_4481

実際にヘアサロンで働いている方々ということで、プロの目から使用感を聞いたところ、重量バランスがよいので毎日、何人ものお客さんの髪をブローしても疲労が少ないのが良い。業務用のドライヤーと同じくらいパワフルで、メンテナンスもしやすいのが良いという事でした。

特に、業務用ドライヤーは、髪やゴミを吸い込んで(それほどこまめに掃除も出来ないので)故障し、修理に出すなどもよくある事だそうで、使用できない間の予備機確保や修理代なども考慮すればトータルで価格差は吸収できるのでは?とプロの現場ならではの回答も得られました。

DSC_4489

ヘアモデルの方も、仕事で長時間ブローされていると、時にはドライヤーの熱が熱いと感じる事もあるという事です。そんな時でも熱いのでやめて欲しいとかはなかなか言いづらい上に髪が傷んでしまわないか心配になる事もあるので、髪が傷まない温度であることや、そもそもブローの時間が短くて済むというのはストレスが軽減されるのでとても良いという感想でした。

DSC_4474

重量バランスがとれたデザインは、業務で長時間使用する人はもちろん、歳をとって力が弱くなってしまった人などにも良いと思いました。ドライヤーが重く感じて使わなくなり、それに伴いオシャレがやりにくくなって気落ちしている人がいたとして、重量バランスが良くなれば再びオシャレして外出したいと思うようになるかもしれません。

DSC_4341

静音性に関しては、ドライヤーをかけている時、うるさくて声をかけられない、話しかけても聞いてもらえないという事を子供時代に感じた人もいたかもしれません。逆に、音がうるさくて子供の話を聞いてあげられないから、髪を短くキープしているという母親もいるかもしれません。ドライヤーをかけながらでも話が出来たり、髪を乾かす時間も短くて済むのであれば、親子や夫婦のコミュニケーションも増えるかもしれません。

DSC_4352

また、耐久テストで乱暴にあつかってもある程度の耐久性は確保されている事、100kgの体重の人が踏んでも壊れない、水に落としても大丈夫(マネしないで欲しい)など、一人暮らしの男性であっても、ドライヤーの扱いが面倒で使わなかったという人が使ってみようかなと思わせるなにかがあるように感じました。