オンキヨー&パイオニア、「rubato DP-S1」のファームウェアアップデートを提供開始


オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパン株式会社は、 オンキヨーブランド デジタルオーディオプレイヤー 「rubato DP-S1」にて、新機能のファームウェアアップデートを、9 月 12 日より開始します。

【主なアップデート内容】

 MQA音源の再生に対応
 e-onkyo music ダウンローダーを実装
 レジューム機能を実装(曲スタートからの再生)
 スクロールバー操作時に”インデックス表示”と”インデックス一覧表示”を追加

※フォルダ再生時は”フォルダ”名でインデックス表示
 ホームメニューの6つのショートカット機能をカスタマイズ可能に  フォルダ再生時に [すべての曲] 再生仕様を追加
 本体サイドキー長押しでの早送り/巻戻し機能を実装
 Mac OS 10.10 との USB マスストレージ接続性の改善
 SDカードフォーマット機能を実装
 その他 動作安定性の向上

【アップデートの時期と方法】

9/12(火) 13:00 以降、無線 LAN による自動アップデート、または、microSD カードでの手動アップデートをして ください。
アップデートにつきましては、こちらもご覧ください。 (http://www.jp.onkyo.com/support/audiovisual/dap_soft/dps1/20170912.htm#houhou)

*1 【MQA 音源】
MQA とは、スタジオマスターと同じ高音質を再現しながら小容量のファイルにできるため、ストリーミングやダウンロード を容易に行うことができる高音質と利便性を両立した革新的な技術です。また、レコーディングスタジオの認証を取得し ており、 アーティストがスタジオで収録した音を忠実に再現します。

エクスパンシス