Deff、iPhone X/8/8 Plus用背面保護ガラスプレート「TOUGH GLASS」シリーズを発売


Deff、iPhone X/8/8 Plus用背面保護ガラスプレート「二次硬化ガラス」を使った背面保護ガラスプレート「TOUGH GLASS」シリーズを発売

●主な特長

■2度の硬化処理で大幅に強度が向上。割れないから長く使える

一般的な液晶ガラスプレートに必ず施されている熱硬化処理。この硬化処理法は、熱を加えた後、ガラスを急激に冷やすことで内部と外部に生じる温度差を利用し、表面と内部それぞれからの応力をかかった状態にするというもの。これにより液晶ガラスプレートは、衝撃やねじれに対しての耐性が向上します。

「TOUGH GLASS」シリーズで使われている二次硬化ガラスには、熱を使った硬化処理に加えて特殊な薬品を使用した硬化処理も行っています。熱硬化処理で生じた微細な傷に薬品が浸透させることで耐性をさらに向上。薬品には繊細な分子間の結合も補強する効果もあります。

二次硬化ガラスは、その言葉のとおり異なる硬化処理を2回実施されたガラスです。一般的なソーダラムガラスでありながら、二次硬化処理により強度を誇るアルミノシリケート(化学強化)ガラスに匹敵する高強度を確保しました。

衝撃はもちろん、「フチ欠け」がなど普段起こりうる様々な要因からディスプレイを守ります。

■Deff製アルミバンパーと組み合わせて使える

背面保護ガラスプレート「TOUGH GLASS」シリーズは、Deffのアルミバンパーなどと組み合わせて使うことも可能。前面を背面に2次効果処理済みのガラスを使ったガラスプレートを貼り、アルミバンパーを装着すれば、Deffが提案するスタイリッシュな姿を楽しめるだけでなく、落下などによる衝撃から大切なiPhoneをしっかり保護できます。

●商品概要と主な仕様「Deff」ブランドについて

社名「Deff(ディーフ)」は、「Design Evolution For the Future」の頭文字をとったものです。独創性の高いアイデアと進化するデザインで、「今」に最適なライフスタイルを提案し、「もっと便利で快適な未来」を創造していきたいという想いが込められています。

モノが溢れる現在、ユーザーのニーズは常に変化しており、「使いやすさ」も同じく変わりつづけています。そんなリアルなニーズに応えるべく製品企画はもちろんデザインも自社内で行っています。「最適な素材」選びや性能と機能美を獲得するまでに洗練されたデザインは、時に加工の難しさを伴うものです。しかし、弊社は高度な加工技術と妥協を許さない管理体制を実現しており、素材やデザインを問わず、すべての製品においてこだわりのモノづくりを続けています。

 

エクスパンシス