Deff、iPhone Xに対応したアルミバンパー「Cleave Aluminum Bumper ellipse for iPhone X」を発売


Deff、iPhone Xに対応したアルミバンパー「Cleave Aluminum Bumper ellipse for iPhone X」を発売

●「Cleave Aluminum Bumper ellipse for iPhone X」の主な特徴

■信頼性が高いアルミ合金を贅沢に使用

素材は信頼性が高く軽量、さまざまな工業製品に使われているA6063アルミニウム合金。贅沢にもブロックの状態からCNC切削加工でひとつひとつ削り出しています。表面処理は職人の手作業によるもので、カラーアルマイト処理により非常に美しい仕上がりを実現しています。また「ポリッシュブラック」「ポリッシュシルバー」はその名のとおり、ひとつひとつ丁寧にポリッシュ仕上げを施しました。iPhone Xがもつ高級感を装着後も味わうことができます。

■「楕円」を押し出したシンプルで洗練されたデザイン

「Cleave Aluminum Bumper ellipse for iPhone X」はシンプルで飽きのこないデザインを追求しています。側面のボリュームボタンやロックボタンなど、iPhone Xと一体感のある形状になっています。楕円形状を意識することで、ルックスだけでなく手に持った感覚もとても滑らかなものとなりました。

■装着したままでもすべての操作が快適

装着したまま充電や、すべてのボタン操作が可能。特殊な工具や部品が不要なDeff独自の「QuickLock」方式を採用。より脱着しやすい形状に変更しており、いつでも自由にバンパーを着脱させることが可能です。また下部にストラップホールを用意しています。

■浮かせることですり傷防止。保護ガラスプレートもぴったり収まる

装着した際、バンパーとiPhone Xに段差ができ若干高くなるよう設計されているため、iPhone Xのディスプレイや背面はテーブルなどに直接、触れることがなく細かなすり傷がつきません。また、Deffのガラスプレート「TOUGH GLASS for iPhone X」などは、バンパーとiPhone Xとの段差部分にぴったり収まるようになっています。

●デザイナーとデザインについて

「Cleave Aluminum Bumper ellipse for iPhone X」のデザインを担当したのは、Deffデザインディレクターを務めている山岸隼人。「『ellipse』は、楕円形状を意識し、シンプルで飽きのこない洗練されたデザインを目指しました。また、iPhone Xとの一体感を目指し、側面にあるボリュームボタンやロックボタンがバンパーを見直すことで、アルミバンパーはひとつの滑らかな形状になりました。これにより、シャープすぎないフォームになるだけでなく適度なグリップ力も確保。しっかりiPhone Xを保護しながらも、持った時の心地良さも実現しています」

●「Deff」ブランドについて

社名「Deff(ディーフ)」は、「Design Evolution For the Future」の頭文字をとったものです。独創性の高いアイデアと進化するデザインで、「今」に最適なライフスタイルを提案し、「もっと便利で快適な未来」を創造していきたいという想いが込められています。

モノが溢れる現在、ユーザーのニーズは常に変化しており、「使いやすさ」も同じく変わりつづけています。そんなリアルなニーズに応えるべく製品企画はもちろんデザインも自社内で行っています。「最適な素材」選びや性能と機能美を獲得するまでに洗練されたデザインは、時に加工の難しさを伴うものです。しかし、弊社は高度な加工技術と妥協を許さない管理体制を実現しており、素材やデザインを問わず、すべての製品においてこだわりのモノづくりを続けています。

 

 

エクスパンシス