Astell&Kern、新フラッグシップ「A&ultima SP1000」 Copper モデル8月11日に発売


株式会社アユート、「Astell&Kern」の新フラッグシップモデルとなるポー タブルオーディオプレーヤー「A&ultima SP1000」の Copper モデル 「A&ultima SP1000 Copper」を、直販サイト「アキハバラ e 市場」、及び全国主要家電量販店、オーデ ィオ専門店にて、2017 年 8 月 11 日(金・祝)より発売開始。

<A&ultima SP1000 概要>
「A&ultima SP1000」は、 “世界最高峰のハイエンドポータブルプレーヤー”をコンセプトとしたプ

ロダクトライン「A&ultima」を設定し、その名称を製品名に冠した、Astell&Kern の第四世代となるフ ラッグシップモデルです。新たな究極を具現化するためにコンセプトを明確にし、真のハイエンドポ ータブルプレーヤーとして、現在 Astell&Kern の持てる技術を全て投入しました。 旭化成エレクトロニクス社の最新 DAC チップ「AK4497EQ」をデュアル構成で搭載し、DSD256、 384kHz/32bit のネイティブ再生に対応。超低ジッター200Fs を実現する VCXO クロックの搭載や、高出 力化を果たしながらさらなる低歪・低ノイズを実現した回路設計は、かつて無いハイエンドサウンド を実現。さらにオクタコア CPU の採用により、一切の妥協を排したデジタルオーディオ再生処理と、 優れた応答パフォーマンスを実現します。5 インチの高解像度ディスプレイから操作する新しいユーザ ーインターフェイスや、高速データ転送・高速充電対応など、操作性においても格段の進化を遂げて います。

そして A&ultima SP1000 は、プレミアム素材を採用した Stainless Steel モデルと Copper モデルの 2 モデルをレギュラーモデルとしてラインアップ。まさに“世界最高峰のハイエンドポータブルプレー ヤー”に相応しい、新たなるフラッグシップモデルの登場です。

<主な特徴>

高出力化と低歪・高 S/N 化の両立を実現する、新設計回路

A&ultima SP1000 は、Astell&Kern の高度なオーディオ設計と信号処理技術による新設計回路により、さら なる高出力化と低歪・高 S/N 化を実現。
「VERITA AK4497EQ」の能力を最大限引き出し、 広いサウンドステ ージと優れたステレオセパレーションを提供します。

優れた処理能力と反応速度を実現する Octa Core CPU 搭載

A&ultima SP1000は、優れた処理能力のOcta Core CPUを搭載。一切の遅延のない妥協を配したデジタルオ ーディオ信号処理を可能にします。さらに起動時間の高速化、高速データ転送への対応、ストレスを全く感 じることのない反応速度など、新設計のユーザーインターフェイスと共に、ポータブルオーディオプレーヤ ーとしてかつてない快適さも提供します。

旭化成エレクトロニクス最新型 DAC「AK4497EQ」を、デュアル構成で搭載

エクスパンシス